fc2ブログ

「英語偏重の外国語教育を批判」 を 批判


『スピードラーニング英語』





まずは田中氏のコラムから。

コラム
【大気圏外】英語教育偏重は止めるべきだ―「可能でもやらない」という姿勢を

田中良太2008/12/25
 英語は必須の伝達手段だとして、文科省は学習指導要領を改正し、高校の英語教育を英語で行うことに決めたようだ。しかし、欧州では逆に「英語帝国主義」を見直す方向だ。英語教育の強化がなぜ日本で提案されるのか、不思議だ。日本の学校教育なのだから、まず日本語をしっかり教えるべきではないか。英語強化はその後で考えれば良い。

 ◆文科省の改正案
 5年後の2013年4月から、高校の英語教育は原則として英語で行うことになるのだそうだ。文部科学省が22日発表した高校学習指導要領の改正案で、英語教育の強化が最重点となっている。日本語を使わない授業のほか、習得する単語の数も増やし、中学校の履修も含めて約3,000語とするという。

田中氏は英語教育偏重の外国語教育を見直すべきだとしている。
以前、教育新聞でも英語一辺倒の外国語教育を見直すべきと書いてあった。

私はこれらの考えを批判している。
現実的ではないからだ。

日本の英語教育の水準は他のアジアの各国のそれと比べてもまだまだ水準が低い、さらに、現実的な問題を考えると、英語帝国主義を批判するかしないかは別にしても、英語がグローバルなビジネスの現場では世界共通語である現状を踏まえると、むしろ、日本人はもっと英語に堪能であるべきであって、ここで英語教育を妥協するというのはまだまだ時期尚早なのである。

ちなみに日本人のTOEFLのスコアはアジアで最低ランクで北朝鮮などと同じレベル、しかし、世界市場で日本が担っている役割を考えると、日本人の英語のスコアが北朝鮮と同じというのでは心もとない。

高校で中国語を導入し、選択制にしたらどうかという意見も読んだことがある。

私は多くの外国人と交流があるが、世界で活躍している外国人は英語のみならず、第二外国語、第三外国語まで堪能な人も少なくない。
しかしながら、日本人は第一外国語である英語をマスターするためにも、大量のエネルギー、資金、時間を投与しすぎている。これは日本の公教育がまだまだ英語を教えきれていないことがあると思う。

英語か、中国語かという選択ではなく、今後の日本の役割を考えたら、英語も中国語も学ぶマルチリンガル教育が必要だと思う。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント