fc2ブログ

テンパる人は尊敬されない

世界一わかりやすい!株価チャート実践帳世界一わかりやすい!株価チャート実践帳
(2008/03/19)
渋谷 高雄

商品詳細を見る


一番働きにくいタイプは、
仕事中にヒステリックになる人。

人はなぜ仕事に感情を持ち込むのだろうか。
忙しい、
焦る、
周りが協力してくれない、
助けてくれない、
自分ひとりが忙しい、
同僚が理解してくれない、

こう思っていらいらをつのらせていく人たち。
そして、プッツンする。
つまりテンパって八つ当たりする。

本当に周りは理解していないのか?
本当に周りは助けようとしていないのか?

それはその人自身に問題がある。

テンパッて顔色を変えた人には話しかけにくいものがある。
だから、一時的にコミュニケーションがとぎれる。

周りが理解してくれない、自分だけが忙しい、誰も助けてくれない。
そう嘆く人は、実際は、同僚と会話・コミュニケーションをせず、自分の中に溜め込んでいるケースが多い。
テンパったとき会話のポジティブな面が失われ、愚痴、文句、といったネガティブな面だけが強調されてしまう。

職場でかんしゃくを起こした同僚を見て思うのは、
「この人恐いから従おう」
ではなく、
実は、
「この人キャパシティ小さいなあ、また怒るから一緒に仕事したくないなあ。」
なんです。
確かに、恐いとは一瞬思うかもしれませんが、その後は逆効果なんです。

個人的な経験上、福祉施設で仕事をしてきたので、10対1の割合ぐらいで女性にこういうタイプが多いのですが、女性だけではありません、ヒステリーを起こすような男性はけして良く評価はされません。
表面的に恐いから従おうとは思うかもしれませんが、尊敬はけしてされません。

感情を露呈している人間ほど脆く目に映るものはありません。

忙しいときほど、自分を抑えて、

それと、感情は連鎖するので、人がその感情に影響されないよう、責任をもって自分のところで食い止める。
眉間にシワがよってないか鏡で自分を見つめて。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント