fc2ブログ

外部刺激によって(学習によって)頭をよくする方法

頭が良くなりたい!
でも、どうやったら良くなるかわからない。
何から勉強したら良いかわからない。

ことわざと、四文字熟語を覚えるというのはどうでしょうか。
ことわざと、四文字熟語が会話の中にちらほら出てくるようになったら、
あ、この人頭良さそうって思われますよ。

とくに、若い人がそういう言葉を使っていると、
年配の上司からは、
君、年の割りに学があるねえ。
なんて言われて、評価があがったり。

ということで、
【あ】
『安寧秩序』:社会の秩序が保たれていること。
『暗雲低迷』:危険なよくないことが起こりそうな気配。
『悪戦苦闘』:死にものぐるいの苦しい戦い。
『曖昧模糊』:はっきりしない。ぼんやりしている。
『悪口雑言』:様々に悪口をいいまくること。
『阿鼻叫喚』:悲惨な状況。
『暗中模索』:手がかりのないものをいろいろと探ってみるようす。
『異口同音』:多くの人が、同じ言葉を口にすること。
『意気消沈』:意気込みが衰え沈むこと。
『意気投合』:考えなどがぴったりと一致して親しくなること。
『意気揚々』:威勢がよく得意そうなさま。
『意志薄弱』:我慢強さに欠けること。
『威風堂堂』:威厳があって厳かである。
『意味深長』:言葉などの内容が奥深いこと。
『因果応報』:よい行いをした人には良い報い、悪い行いをした人には悪い報いがある。
『慇懃無礼』:言葉や物腰が丁寧すぎて、かえって礼儀にはずれていること。
『医食同源』:日常の食生活の中にも医療の根源があるということ。
『以心伝心』:言葉ではなかなか伝えられない深遠なものでも真心があれば相手に伝わってしまうこと。
『一衣帯水』:狭い河を挟んで対峙する事。
『一期一会』:一生に一度出会うこと。
『一瀉千里』:一気に速く進むこと。
『一朝一夕』:短い期間。
『海千山千』:一筋縄ではいかない経験豊富でしたたかなやりかた。
『有為転変』:世の現象はすべてとどまることなく移り変わっていくものだということ。
『右往左往』:うろたえ混乱する様子。
『有象無象』:世の中の様々なくだらないもののこと。
『雲散霧消』:雲や霧が消え去るように、物事が跡形もなく消えてしまうこと。
『有耶無耶』:あるのかないのかはっきりしないこと。
『紆余曲折』:事情が曲がりくねっていて複雑で厄介なこと。
『会者定離』:会った者は必ず離れること。
『岡目八目』:当事者よりも第三者の方がよくわかる。
『温故知新』:昔のことを学んで新しい理を知ること。
【か】
『花鳥風月』:天地自然の美しい風景。
『我田引水』:物事を自分の都合のいいように取りはからったりすること。
『勧善懲悪』:善行を勧め励まし、悪事を懲らしめること。
『閑話休題』:むだばなしや前置きを打ち切って、話の本題に入ること。
『臥薪嘗胆』:目的にの為に堪えて苦労すること。
『隔靴掻痒』:じれったい。
『画竜点睛』:最後の仕上げ。
『夏炉冬扇』:季節外れで役に立たないもの。
『侃々諤々』:遠慮なく意見を言うこと。
『艱難辛苦』:辛い目にあって苦労すること。
『虚心坦懐』:先入観を持たない素直な気持ち。
『毀誉褒貶』:ほめることとけなすこと。
『月下氷人』:仲人。
『乾坤一擲』:命運をかけて勝負すること。
『呉越同舟』:敵同士が一緒にいること。
【さ】
『三寒四温』:冬に寒い日が三日続くと暖かい日が四日来る。
『自業自得』:自分の行いで自分が報いを受けること。
『質実剛健』:まじめで強い。
『四面楚歌』:周りを敵に囲まれること。
『弱肉強食』:強いものが弱いものを征服して栄えること。
『周章狼狽』:うろたえて騒ぐこと。
『主客転倒』:物の順序や立場が逆になること。
『順風満帆』:物事が順調である様子。
『盛者必衰』:栄えているものも必ず滅びる。
『森羅万象』:宇宙に存在する全てのもの。
『切磋琢磨』:励ましあって努力すること。
『浅学非才』:頭が悪く才能が無い。
【た】
『泰然自若』:落ち着きがあり何事にも動じない。
『多士済々』:優れた人が沢山いること。
『朝三暮四』:目先のことに目がくらみ、結局同じことなのにわからないこと。
『天衣無縫』:飾らず無邪気な人。
『電光石火』:非常にすばやいこと。
【な】
『南船北馬』:あちこちを旅行すること。
【は】
『不倶戴天』:敵対してめっちゃ憎むこと。
『傍若無人』:人を気にせず勝手に振舞うこと。
【ま】
『明鏡止水』:わだかまりがなく静かな心。
『明眸皓歯』:明るい瞳と白い歯。=美人。

では、さっそく明日会社で使ってみましょう。
君、仕事の進みはどうだね。
はい、
順風満帆です。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント