fc2ブログ

ねんざだと思っていたら、ひこつ神経麻痺だった、そして、人生初の強烈な神経伝導検査を受けることに



sinkeidendoukensa.jpg




江古田の総合東京病院で神経伝導検査を受けてきました。



結局、ねんざだと思っていたものが、ひこつ神経麻痺という神経の損傷でした。
昨日、上高田の整形外科で受診したら、速攻で、先生に「あ、これは、整形外科じゃないです、ひこつ神経麻痺です、脳神経内科を受診してください」って言われました。

そして、昨日の今日、

江古田の総合東京病院へ、

検査をするというので、レントゲンか、超音波かなにかの検査だと思っていたんだけど、これが全然想定外。

神経伝導検査という、人生史上初めての強烈な検査を受けてきました。




先生に、「ピリっときますよ。電気温泉みたいなものですから」って言われて、ちょっと警戒してたんだけど、
そんなもんじゃない、




人生最大の試練!!!!!!





最初に右足首に電極をつけられて、電気を入れられると同時に、




ガンッ!! ガンッ!! ガンッ!! ガンッ!! ガンッ!! ガンッ!! ガンッ!! ガンッ!! 



と、足の内側から金づちで強烈にぶったたかれてるような感覚、
私は、大人気なく「う~~~~~~~~!!!!!!!」ともだえる。
ほどなくして、全身に汗が。

早く終わってくれ~~~~~~~

これが、40分、
両足の足首と膝で計8回、電流を流されました。





こんな検査もう、嫌だ、
しんでももう受けたくない。





そして、検査が終わると再び先生のところへ、
検査の結果、神経は損傷しているけど、断裂してるわけじゃないので、リハビリをすれば回復すると言ってもらえました。

そのときの安堵感たるや。

ビタミンB12がメインの薬を処方されました。





社会からアウェイされて孤独にいるとほんと、人間って弱くなっていきますよね。
自分はこのまま孤独だと老後は長くは無いかなと思っています。

老後どころか、
このままじゃ、70歳そこそこで、おだぶつする可能性も見えてきました。

孤独はだめだ、
人生変えないと。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント