fc2ブログ

アルコール依存症から、脱アルコールへの道/過去の自分の思い出の地へ

20210927_123329.jpg
なんか、気持ちが過去の自分に向いてしまっていて、
そして、29歳まで過ごしていた地域に行きました。



20210927_122835.jpg
青とシルバーの車、
誰の車だろう。



20210927_121600.jpg

29歳まで住んでいたアパート
こんなに古びたところだったんだ。
もっと新しいイメージがあったんだけど、


見たら、私の部屋には株式会社○○という方が入居していました。
あんな1Kの部屋で何の仕事をしているんだろう。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




【禁酒・断酒】46歳延命拒否の兄~永久保存~


私はなんとかアルコールの罠から逃れることができましたが、
そうでないと他人事では無いという意識です。

23歳頃から毎日のようにアルコールを飲んで、
飲まないと眠れない状態がいつのまにか起きて、

大学生活を楽しくしてくれた美研でしたが、
アルコールへの依存も発生してしまった場所でもありました。

最初は楽しいお酒でしたが、
大学3年で実習を終えてから始めたバイト、
あのバイトでのストレスと大学が終わってしまう不安と不眠から、
アルコールの量が増えていって、
25歳頃には完全にアルコール依存症になってました。



特に、26歳で就職してからは、仕事のストレスが酷く、
とても、飲まずにはいられませんでした。
あの仕事は酷かった。
なんで就職したんだろう。
あの頃、体重が80kgまで太ったんですよ。
大学に入学した頃は、60kg以下でしたから、
それがどんなに異常だったか、
酒が原因です。




【ベストセラー】「結婚滅亡 ~「オワ婚時代」のしあわせのカタチ~ 」を世界一わかりやすく要約してみた【本要約】




昨日は風邪のような症状は大したことないんだが、
腹痛で、病院に行って、そして抗生物質をもらいました。



自分の体調が悪いのは、
どうも、上司の異動プレッシャーにあるみたいです。
自分は大丈夫だと思っていたんですが、
かなり、心理面でストレスをためていたみたいです。



恣意的な異動への圧力。
決め付け。
都合の良い理由。
こちらの話を聞かない。

だから、こちらも負けずに突っぱねる。



水島昇「細胞内のリサイクルによる秩序:オートファジー」ー公開講座「新たな秩序」2017




仕事休みたい。
でも、やらなきゃいけないことがあって、行かないわけにはいかない。


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント