fc2ブログ

仏教についてまとめた


仏教の本質 哲学者「中村元」

涅槃とは

戒定慧かいじょうえ(三学)
戒律によって心を惑わす悪行為から離れ、禅定により心をコントロールし鎮め、智慧を定めることこの世の真理を見極めることで、心に平穏をもたらすこと(涅槃)を目指す。(ウィキペディアより)

上座部仏教
上座部仏教では、人は自らに頼り、自ら修行をして真理(法)に目覚め、「悟り」を得る。最終的には「あらゆるものごとは、我(アートマン)ではない(無我)」「我(アートマン)を見つけ出すことはできない」と覚り、すべての欲や執着をすてることによって、苦の束縛から解放されること(=解脱)を求めることである。一般にこの境地を涅槃と呼ぶ。上座部仏教では、釈迦を仏陀と尊崇し、その教え(法)を理解し、自分自身が四念住、止観などの実践修行によってさとりを得、煩悩をのぞき、輪廻の苦から解脱して涅槃の境地に入ることを目標とする。

大乗仏教
大乗仏教では、一般に数々の輪廻の中で、徳(波羅蜜)を積み、阿羅漢ではなく、仏陀となることが究極的な目標とされるが、 自身の涅槃を追求するにとどまらず、苦の中にある全ての生き物たち(一切衆生)への救済に対する誓いを立てること(=誓願)を目的とする立場もあり、その目的は、ある特定のものにまとめることはできない。さらに、道元のいう「自未得度じみとくど先度佗せんどた」(『正法眼蔵』)など、自身はすでに涅槃の境地へ入る段階に達していながら仏にならず、苦の中にある全ての生き物たち(一切衆生)への慈悲から輪廻の中に留まり、衆生への救済に取り組む面も強調・奨励される。

密教
後期大乗仏教とも。インド本国では4世紀より国教として定められたヒンドゥー教が徐々に勢力を拡張していく。その中で部派仏教は6世紀頃にインドからは消滅し、7世紀に入って大乗仏教も徐々にヒンドゥー教に吸収されてゆき、ヒンドゥー教の一派であるタントラ教の教義を取り入れて密教となった。すなわち密教とは仏教のヒンドゥー化である。
中期密教期に至り、密教の修行は、口に呪文(真言、マントラ)を唱え、手に印契いんげいを結び、心に大日如来を思う三密という独特のスタイルをとった。曼荼羅はその世界観を表したものである。教義、儀礼は秘密で門外漢には伝えない特徴を持つ。秘密の教えであるので、密教と呼ばれた。

引用元:ウィキペディア

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Buddhist-monk-teaching-novi-300x207.jpg

私の職業は「聖職者」といわれていた過去がある。
現在は汚職やスキャンダルの格好の的となってしまっている感があるが。

しかし、その本質(聖職者)は現在も引き継がれていると思う。

指導者、つまり、我々の仕事は宗教者ににていると思うのだ。

愛の力によって、教えを諭す。
この本質は変わらないし。

私は自分が教祖であるべきだと思っている。

子どもたちが指導者を教祖のように尊敬し、愛することができれば、自ずとそのことばは水・空気のように吸収されていくからだ。

教祖といっても、カルト宗教の独裁者的な教祖とは違う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


フォームに言葉を入れたら「話す」ボタンを押してください。キーボードのENTERではないです。

以前、作成した人工無脳というか、人工内言。
勝手に連想ゲームをする、脳内の記号連想をモデルにしています。


放送大学

放送大学に入学したいです。
なぜかというと、修士号を取りたいからです。

学習意欲は止まりません。
今は、将来への不安、仕事、結婚、住宅、家族といった不安要素がたくさんあるので、放送大学入学には踏み切れないですが、

結婚して、子どもができて、財産的に余裕があれば放送大学に入りたいです。
できれば、これからどんどん英語を勉強して、海外の大学の放送課程にも入学したいです。

博士後期課程、3年間で140万円か。
1年で、46万円か。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日常的にお酒を飲むのを辞められればと思うのですが、
これも孤独と不安が駆り立てているものが原因ですから。
早く結婚して家庭に入りたいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

放送大学に入らなくても、普段から学習することは可能です。
これから、しばらく宗教について、それから、歴史や文学についてまとめていきます。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント