fc2ブログ

液体ぶっしゃー事件/昨日一日で10万円も使う/お疲れ自分


昨日は大忙しだった。

一昨日の忘年会より事件は始まっていた。
忘年会自体は平和に終わったんだけど、
翌朝起きた後に事件が起こっていた。

パソコンがクラッシュしてしまったのだ。
まだ買って半年も経ってないものをエイサーのWIN8のだ。

液体が近くのトイレットペーパーに散乱している。
さらに、パソコンのキーボード上にまで飛散している、
電源を入れても反応しない。

同じような液体散乱事件でPCを壊したのは3回目になる。
ああ、馬鹿馬鹿しい。
狂っている。
原因は飲んでいるマイスリーにあった。

・・・・・・・・
・・・・・・・・

とにかく、昨日は大忙しだった。

図書館に行った、
トルコ旅行のガイドブックを借りる。
そこで、リサイクル本のコーナーがあり、LINUX系の本とJava系の本を数冊もらう。
7冊ももらってしまったので、重くて、一度家に帰る。

そして、シマホに行く。
禁酒環境を整えるため、ベッド(木の折りたたみ式)を買う。
14000円程度。さらに新しい敷き掛け布団セット。
送料込みで20000円程度。

さらに、電機店へ、
壊れたテレビを買い換えるため。
39800円で液晶の良さげなのを買う。

それだけでは終わらない。
重たいテレビを持って家に帰ったら、マクドナルドに行って、100円マックのマッククリスプとかいう、ま○いバーガーを流し込み、近所のクリニックへ、

禁酒のため、摂取量が増えているマイスリーをもらう。

さらに、NOVAで中国語のレッスンを1時間受ける。
自分の中国語の言語レベルが向上しているのは感じた。
そういうのを感じられるとうれしいものだ。

さらに、(げんなり・・・)6時、秋葉原へGO.
液体ぶっしゃーして、クラッシュしたパソコンの後継機を買う。
WIN7の白いパソコン。
40000円。

昨日一日で、ベッド、布団、テレビ、パソコンと10万円も使ってしまった。
液体ぶっしゃー事件がなかったらパソコンは買う必要がなかったのに。
とりあえず、もう無いとは願いながら、パソコンを液体ぶっしゃーから守るために、ビニールのカバーを買いました。
ただ、このカバーをするとキーボードの操作性が格段に落ちる。
我慢するしかない。
液体ぶっしゃーする方が悪いのだ。

おさらい

図書館、ベッド&布団、テレビ、クリニック、中国語レッスン、パソコン

1日でこれをすべてやり遂げる自分のバイタリティには頭が下がる。

・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・

これからやること。
まだ、テレビがつかない。
ケーブルの接続の仕方がおかしかったようだ。
なので、再チャレンジする。

・・・・・・・・・・・

それから、今日は相撲駅近くのサンマルクカフェでプログラミングの勉強をする。

・・・・・・・・・・・

やれやれだぜ。

・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・

忘年会の後、飲みつぶれた同僚の肩を持って電車に乗った。
その同僚は8年目、
自分より先輩だ。

その先輩は自分の仕事に行き詰っている。
それは周知の事実だった。

その先輩に言われた言葉。

この仕事は、経験年数はあまり関係無いってこと、そのことだった。

能力を持っている人、能力が高い人、っていうのがいるそうだ。
そういう人は難しい子供の集団でも維持できる。
でも、その先輩は自分は能力が低いからできないのだという。

私は否定しなかった。
ただ、言葉っつらだけで、一応、「そんなことないですよ」と言ったが。
その言葉には何の意味も含まれていない。

私もその先輩の能力には疑問符が付いていた。

その先輩は私のことを逆に評価していた。
私がポリシーを持って仕事をしていること。
逆に、先輩はポリシーが無いと断言していること。

単なる公務員としてポリシーを持たずやっていたんじゃ、何年やったって、職業人としての力は付かないって、そういう話をした。

その言葉はうれしい言葉だった。
私も、いつも「次は我が身」という気持ちは持っているが、そう言ってもらう経験があまり無かったので、うれしかった。
確かに、自分にはポリシーがある。それは正解だ。
それに、私にとっては仕事が、子供たちが人生の90%以上だから。
その子供たちが素晴らしい集団になるようにどうしたらいいか、そればっかり考えてるから、自然と良くなるものですよ。

・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・

なんだかんだ言って、
仕事は楽しい。
自分はつくづく職業人だと思う。

子供と心が通い合うから何でも上手く行く。
悪い言葉を遣うと、マインドコントロールなんだけど、
子供たちをマインドコントロールしているので、何事も上手くいく。
「自分教」という宗教の教祖なので、子供たちは根本的な部分でなんでも言うことを聞く。
そうなるように仕向けてきたわけだ。

マインドコントロールって聞くと、カルト宗教のそれみたいに聞こえるけど、
世の中なんでも、強かれ弱かれ価値観に束縛されているわけだから、指導者がカリスマ性を持って子供集団を維持するのもマインドコントロールだと思う。


恐怖のアロハ航空 飛行機事故


島倉千代子 出前一丁CM

・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・

ポジティブに生きたいね、
そして
禁酒を完全にして、
賢い人生を送りたいです。

さらに、人生の伴侶を見つけられたらもっと良いんですけど、
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント