fc2ブログ

キリストが猿になる悲劇のニュースは、今年最高だった


Spanish fresco 'restoration': 80-yr-old 'artist'... 投稿者 itnnews
christ
「善意で行う行動が、必ずしもいい結果をもたらすとは限らない」という教訓を教えてくれる、あるニュースが海外で話題になっている。

スペインのSanctuary of Mercy Churchという教会には、画家Elias Garcia Martinezが約100年以上前に描いた「Ecce Homo(この人物を見よ)」というイエス・キリストのフレスコ壁画があった。

しかしその壁画は湿気のせいで、18ヶ月前からぼろぼろ崩れ始め、徐々に元の姿を失いつつあった。地元に住む80代の一人の女性は、それを見て、あることを決心したそうだ。
 
壁画の劣化を、ただじっと見ているだけなんてできない。修復しよう!
 
すると彼女は、塗料と筆を手に、自らキリスト壁画修復作業を開始。教会の運営者の許可もないまま、彼女だけによる修復は着々と進められていった。そして彼女の修復がついに完了した時、それを見た人々は凍りついたという。

なぜなら彼女の絵が、恐ろしく下手だったから! 修復後の壁画には、元のイエス・キリストの姿はどこにもなく、そこにはまるで猿のような生き物が描かれていたとその壁画を見た人は言う。

この修復を行った本人も、さすがに「これはダメだ!」と気づいたようで、文化事業を担当している市会議員Juan Maria Ojedaさんに連絡をとった。

そしてさらに悲しいことに、地元のカトリック文化財団「Centre for Borjanos」は、この壁画を描いた画家Elias Garcia Martinezの孫から、壁画修復のための寄付金を受け取っていたことが判明。つまり、あと少しでプロによる修復が開始される予定だったのだ。

引用元:http://alfalfalfa.com/archives/5863630.html

・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・

こ、これは受けた。
ヘタ過ぎる。

hetanakirisuto
cecilia gimenez
画家というのは本当らしくて、ちゃんとした絵も描いています。

supeinhetanakirisuto
でも、自分の絵を描くというのと、人が描いた絵を修復するっていうのは違うんだよね。

・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・

この女の人、「服を描いている時までは良かったんだけど、顔に手を付けてからうまくいかなくなった」って言ってる。

服も上手いとは思わないけどな。
まず、根本的に、色が全く違う。
本物のキリストは青みがかったピンクなのに、失敗作は黄土色。
そして、なによりもやってはいけなかったのが、完全に上から塗りつぶしてしまっているということ。

実力以上に自信過剰だったんでしょう。
白く剥離してしまった部分だけ塗るのではなく、もともとあった絵の部分まで失わせてしまうというのは、自分の絵の方が優れているという自信のなせる業なのでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・

絵を描く人間として、
絵というのは、自分流の絵を描く能力と、絵や物をそっくりに写し取る能力に分けられる。

絵や物を写すというのは、つまり、模写、トレーシング、スケッチ、デッサン、クロッキーといった類のもの。
この時、オリジナリティは求められない。
オリジナリティがあってもいいけど重要じゃない。

で、長年自分流の絵だけ描き続けて、デッサンをやらないと、デッサン力はもちろん低下していきます。

多分、このスペインの下手くそ画家さんも「自分流」で長年絵を描き続けてきた人で、デッサン力は低下していたんじゃないかと思うのです。
実際、猿になってしまった方の鼻の穴ですが、正確にはもっと下になければいけません。
自分流が出てしまって、正確なデッサンが出来ていない証拠です。

普段どんなに周囲から「上手い」と褒められている画家でも、デッサンを怠るとこういうことになります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・

shuuhukusippai
kirisutogasaru

supeinhetanakirisuto
スペインのニセモノ修復師が描いたという絵ですが、この絵もよく見ると、それほど技術の要る絵ではないことが分かります。
“手くせ”というか、普段から描いていると慣れで描けてしまうのです。
私でも数時間で描けるでしょう。

絵というのは難しいものです。
私もずっと絵を描いていますが、人を感動させる絵、正確なデッサン、こういったものは普段から心がけていないとできないのです。

慣れと手くせで絵を描いていると、絵を知らない素人からは「上手い」と言われますが、玄人が見たら一目瞭然。
私には修復できるという慢心がこういった悲劇(喜劇?)を生んだのでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日はジムで1時間半、鍛えました。

この夏は、健康診断で体重OUTが出たので、なんとか絞らないといけません。
11月にハーフマラソンもあります。
体重を5kgは落とさないと。

昨日はランニングマシンで時速9kmで走ったけど。
ハーフマラソンで2時間を切るためには、時速10kmで2時間以上走れることが必須。
当然だよね。

できれば、時速12kmぐらいで走れるようになりたいんだけど。
そのためには、まず体重を落とさないと話しになりません。

腹直筋、広背筋、僧坊筋、三角筋、上腕三頭筋、大腿四頭筋、大臀筋、ハムストリングスを鍛えました。
筋肉質な体型になってきたので、寝ていても燃焼してくれます。

健康診断の時は体脂肪率24%だったんですが、昨日測ったら21%でした。

ランニングマシンは良いモチベーションになっています。
目の前に数字があるので、自分の成長具合もよく分かります。

とにかく、悲劇的な状況になってしまっている、今の体重をあと5kg落とさないといけません。
そして、ハーフマラソンでは、1時間40分台を目指したいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・

この冬はTOEICを受けようと思います。
確実に900点越えを目指していきたいです。
そして、来年春にはハングル検定を受けます。
4級と3級を併願してもいいかとも思っています。

・・・・・・・・・・・


下手な修復でキリストが猿になる


Christ becomes a monkey by poor restoration.


서투른 수복에서 그리스도(Christ)가 원숭이가 된다
ソトゥルン スポゲソ クリスト ガ ウォンスンイガ デゥイダ


笨拙的修复基督成为猴子
ben4 zhuo1 de xiu1 fu4 ji1 cheng2 wei2 hou2 zi3
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント