fc2ブログ

悩んでいるほど人生に時間は無い


モチベーションを回復してこういうロボットを作りたいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・

<3割の子どもの甲状腺に異常>

 福島第1原発事故から1年3カ月後の今月16日、関西電力大飯原発3、4号機の再稼働が決定した。

 15日、国際環境NGO「グリーンピース」が記者会見を開き再稼働のリスクを発表。座談会に出席した弁護士らが、福島原発事故後の悲惨な現状を明らかにした。

 事故後、放射能被曝(ひばく)による健康被害を懸念した郡山市の小中学生14人と保護者たちが、福島地裁郡山支部に、集団疎開を求め仮処分を申請し、現在も仙台高裁で抗告審が続いている。

 福島集団疎開裁判主任弁護士の柳原敏夫氏に聞いた。

「法律では一般人の被曝限度は、年間1ミリシーベルトまでと決まっています。原告の小中学生14人が通う7つの学校の空間線量の積算値は、昨年3月11日以来1年間で12~24ミリシーベルトと推計されます。この訴訟では、市に対し緊急的に安全な地点に教育の場所を移動させることを求めている。しかし、1審では年間100ミリシーベルトを主たる基準にしてそれ以下なら避難させる必要はないと判断。驚きを隠せません」

 被曝の問題は進行中だ。すでに甲状腺に異常が出てきている。北海道深川市立病院内科・医学博士の松崎道幸氏の意見書では、「平均年齢が10歳の福島県の子どもの35%に嚢胞(のうほう)が発見された」という。

「嚢胞」とは分泌液のたまった袋で、甲状腺の内側に、炎症あるいは細胞の性質の変化が起きていると考える必要があるというのだ。福島調査の「嚢胞」保有率は過去のどの調査よりも高率であったという。

「福島県では1年足らずで甲状腺の検査で3割以上の子どもたちに健康被害の兆候が出ました。チェルノブイリで同じような兆候が出たのは4~5年後ですから、福島ではよほど高濃度の被曝をしていると言わざるを得ません。しかし、県の医師らは安心して大丈夫だと主張し、セカンドオピニオンを受けたいという希望者に、受けさせないよう医師らに通達を出しているのが現状です。福島はチェルノブイリより7倍の人口密度があるから、98万人以上が亡くなったチェルノブイリより深刻になる恐れがあります。一刻の猶予もならないのです」(前出の柳原弁護士)

 政府は目をそらしているが、とんでもない事態が起きているのだ。

(日刊ゲンダイ2012年6月19日掲載)

・・・・・・・・・・・・・・

被害がチェルノ先輩の7倍。
セカンドオピニオンを受けさせないよう通達。

恐ろしいことが起っています。
こういうニュースを聞くたびにブルーになっていきます。
50年後の日本はどうなっているのでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・

サインバルタやアナフラニルを飲んでモチベーションが回復したという感覚は無い。
元気にはなった。
特に、アナフラを飲んで一週間ぐらいは強制的に元気になった感じがあった。
研修の前にもう一度飲もう。

抗鬱剤は性欲が著しく低下するよね。
性欲とモチべって深く関係していると思うんだけど。

・・・・・・・・・・・・・・

循環しているからね。
人間の脳とかの考え方って。
どう。

つまり、悪循環は悪い結果を導くし。
良い循環は良い結果を導く。

はじめの一歩が大事。

英語にしても、何にしても、
最初は腰が重いのよ。
車の始動に重たいギアが使われるのと同じ。

まず始める→上達する→達成感・褒められる→嬉しくなる→また練習する→もっと上達する→さらに上達を実感・また褒められる→また練習・・・

こういったサイクルを生み出すのが大事。
はじめの一歩が大変なんだ。
一度サイクルが循環し始めるとあとは簡単。
重たいギアは要らなくなる。

・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・

今日は研修の論文の下書きをとにかくやります。
気が滅入ります。

・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・

何が、問題なんだろう。
気が滅入る。
気持ちが上がらない。
研修の悪結果からか。
自分を否定された感覚。

なんで、一年前は、あれもこれもとなんでも出来たんだろう。
一年前の研修での悪結果は相当に自分を追い詰めたのかもしれない。
自分は自分で自分を誤魔化していたのかもしれない。

・・・・・・・・・・

寝ても寝ても寝足りない。

いつまでも寝ていたい。

以前は早朝・深夜からプログラミングをしたり、朝からジョギング・ピアノをやっていたものだが、いまはそんな気にすらならない。
なぜ?

確かに疲れている。
激疲労している。
研修の悪結果。
行事での自分の大失敗とクレーム。

そういったことが積み重なって鬱になっている。

・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・

8月の研修が終わったら意欲が戻るだろうか。
不明だ。

人工無脳やゲームを作れるだろうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・

人生の時間は限られている。
飲んだり、
寝たり、
悩んだりしているとあっという間に歳をとってしまう。


人生の時間


Time of life


인생의 시간
インセンイ シガン


人生的时间
ren2 sheng1 de shi2 jian1
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです