fc2ブログ

辛さはイマ壱/ラングエッジ・エクスチェンジで流暢さの向上

kudanshita2011123
昨日は九段下のPRONTOでラングエッジ・エクスチェンジをした。

彼は例によって30分の遅刻。
本人も自覚しているようで、どうも、すぐに迷子になる性格らしい。
私はそれを見越して本屋で立ち読みしていました。

彼は1年間アメリカで日本語を勉強してきたが初心者レベル。
自分の韓国語や中国語を考えれば分かる通り、働きながらの1年間というのはそれほど勉強はできない。

私も英語を話す時間がぐっと減ったので、流暢さと表現の幅、使える語彙の幅が多少落ちました。
カナダに1年間いたときのTOEICの点数の伸びが175点でした。
その後ずっと居続ければ軽く990点は越えたでしょう。

今も、リーディングを中心に学習をしているのですが、彼と週1回、これから1年ぐらい学習したら偽ネイティブ並みになれるかもしれません。
とにかく、表現方法の幅を広げたいのです。
リスニングは95%出来ています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

月曜の早朝までは平穏ですね。
頭の中がモヤモヤした気分ではありません。
平日ともなると・・・
頭の中は職場の嫌なことを巡って鬱鬱としています。
しばらく、この安穏とした時間を満喫します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日の早朝も人工無脳の拡張作業をしていました。
私の目下の課題は、形態素解析で分割して学習した単語をGOOGLEに持って行って調べて、意味を学習するというプログラムを作成することです。
概ねプログラムの概要は出来ているんですが、・・・動かない。
思ったとおりに動いてくれれば完成なのですが、どこにバグがあるのか分からない。
色々とprint文を書いているんですが、GOOGLEにリクエストを飛ばす段階でアウトになってしまってるっぽいです。
要するに、単語をGOOGLEに持って行ってないんです。

これが出来ないと、一生かかっても静的な人工無脳で終わってしまう。
つまり、人間が意図的に教えないと言葉を覚えないのだ。
これでは意味が無い。
自分で学習して自分で成長できる無脳でないと。
私がつくりたいのは、至って知的な産物なのだ。
色々と試行錯誤を繰り返し、有意味的な文章を生み出すことができるロボットを作りたいのだ。

当面は試行錯誤が続くと思いますが、GOOGLEに単語を投げることが出来れば大きな一歩。
それができない・・・

GOOGLEに単語を投げる。
すると、無数の言葉が返ってくる。
さらに、その無数の言葉で再検索する。
すると、さらに多くの単語が返ってくる。
これを常に繰り返し続ける。

恐らく、最初はただ単にファイルのデータ量が無駄に多くなるだけかもしれません。
しかし、いつの時か、有意味なアルゴリズムが発見されるかもしれません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)
(2007/05/18)
福岡 伸一

商品詳細を見る


そうそう、昨日は久しぶりにCOCO壱に行ってきましたよ。
なんかぶらーっと行ってしまうんですね。
で、頼んだわけです。10辛カレーを。
10辛カレーそのものはそれ程辛くは無いです。
ただし汗はでますね。
辛さはイマ壱なので、飛び辛スパイスをかけます。
今回はハンバーグをトッピングしました。

・・・・・・・・

カナダにいた頃、南国出身の上司に激辛ソースを食べさせられたことがある。
黄色いソースで、唐辛子を発酵させたようなもので作られていたソースだった。
南国出身の上司は日本人の私を面白おかしそうに試すように、私にそのソースを食べさせた。
私が苦しもがく姿を見たかったのかもしれない。

逆に私がそのソースを気に入ってしまい、毎回ランチのときに使われるので、最終的には上司はそのソースを隠してしまった。

ブレアーズ サドンデスソース150ml 1本 /ギネス認可世界一辛いソースですブレアーズ サドンデスソース150ml 1本 /ギネス認可世界一辛いソースです
()
浜田屋調味料

商品詳細を見る
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント