fc2ブログ

不当なダウングレード/それでも生意気に生きていく私



不当なダウングレードに対して困惑することがあります。
なぜ、そんな過小評価を受けないといけないのか。
遠回りをして今に至る。
その今の自分。
他の人は持っていないものをたくさん持っている。
それを良さにして。

常に自分を鍛え負けないようにしてきた。
私は物語の朗読ということに対して常に研究してきた。
「一度、私に朗読させてくださいよ。」
と言ったところ。
「なぁに、調子に乗ってんだよ。お前のなんて大したこと無いだろう。」

「・・・・!」

聞いてもいないのに。
見てもいないのに。

「以前、保育士をやっていましたから。」
と、自分を防衛するも。

どうせアルバイトでしょ?

「・・・・。」
アルバイトって・・・。

少なくとも相手のことを理解しようとする姿勢は必要だと思った。
私は焦って、
「常勤ですよ!!」
と返答。

以前の職場はお互いにお互いが能力を引き立て、お互いに活躍の場を与えていた。
非常に意識の高い職場だった。
しかし、今はどうだろう。
お互いをお互いが批判し、足を引っぱり、潰しあう。
なんでこんな職場になってしまったんだろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・

職場に好きとか嫌いとかいう感情を持ち込まないことにしています。
以前は職場が完全に生活の中心になってしまっていましたが、それだと自分が潰れてしまいます。

・・・・・・・・・・・・・・・・

人に対して、あなたってどうせ○○でしょ。っていう言い方は非常に失礼だと思う。
相手のことを理解しようとするべきだ。
相手の話を聞くべきだ。
とても無念な気持ちでいっぱいになっている。

・・・・・・・・・・・・・・・・

大変なときだというのに。
臨時異動で四苦八苦しているその人を支えようという気持ちが無いのだろうか。

ますます、その職場に命を懸けようなんて気持ちが薄れてくる。

・・・・・・・・・・・・・・・・

どうせアルバイトでしょ。

過去の辛く楽しい10年の歳月をそんな適当な言葉であしらわれてしまう、そのことにショックと不信の念を抱いた。
施設や保育所で子供たちと駆け抜けた10年が無意味だというのか。
それが私の財産であるのに。
アルバイトだとしたら、この年齢までどうやって食いつないでいくのか。
考えれば分かるのに。

・・・・・・・・・・・・・・・・

「モチベーション高めなよ。」
っていう人。
言ってることとやってることが違ってるじゃん。
結局、私の気持ちは職場からどんどん離れていってしまうのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・

仕事で辛いときは、失業中のときのことを思い出します。
失業に勝る辛い経験は無いですから。
自分の虚勢を張って上司と対立して、そして、辞めた職場。
あのときのことを考えます。
でも、どんなに辛くても仕事は仕事。

・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・

いいじゃない、色んなことがあるよ。
でも、一生懸命やってれば、誰かが文句を言っても、誰かが影で認めてくれる。

私を励ますのは私が一番ですから。
長年孤独をやってきた人間の常套手段です。

・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・

私の気を紛らわせてくれるのは、いっとき、何かに対して勉強をしていること。
自分の構想したものが、思い通りに動いたときの感動は私の心を解放してくれる。

だから勉強することが好きだ。
新しい知識や技術が増えるのがたまらなく好きだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・

平日の私は恐らく輝いていないのだろうと思います。
常に週末を当てにして普段暮らしています。

以前はこんなんじゃなかったんですが。
児童館で指導員をしていた頃は、毎日が楽しかった。
恐らく、輝いていたんですね。
なんなんでしょうね。
これは。
負の連鎖なんでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・

現実逃避でしょうか。

現実と闘えってことでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・

事実を受け止めろっていうことでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

週末、完全にOFFにします。
仕事のことは忘れます。

土日各、10kmずつ計20kmでも走れないでしょうか。走りたいですね。
ハーフマラソンが終わってから走力がついたような気がします。

それからラングエッジ・エクスチェンジ。
なので、土曜日はかなり集中して英語の特訓をしようと思います。
文法、語彙、表現方法などをおさらいして、話す内容についても考えておこうと思います。

そして、Perlで人工無脳のプログラムについても、今一度、集中してキチンと取り組んでみたいと思います。
プログラム自体(単体)は出来ているのですが、それらを組み立てたときに発生するエラーをいかにしてなくすか。
集中力と知力が必要です。

そして、そうですね。
月末に控えているJavaの試験のための総ざらいをしなければいけません。

【激モテフェロモン濃縮コーヒー】プレジデントコーヒー【stmxアメリカヤ1号館】
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

それにしても、腹立つねー。
そんな奴、喧嘩しちゃってもいいんじゃないのかな?
今度走った時に話そう。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです