fc2ブログ

未成年を叱れない大人たち

toshokan
自分にとっての聖地、
最も大切な場所、

図書館

書斎を持たない私にとって、図書館の存在は私の生活の中で大きな位置をしめる。
知りたいことが全て調べられて、落ち着く環境。
そのため、図書館には毎週2回ずつ行っています。

しかし、最近、図書館で良くないことが起こっているのだ。
自習室というのがある。
図書館の本を静かに読んで学習するための部屋だ。
もちろん、飲食、会話厳禁。

最近、図書館に行ってから気づいたこと、
中学生や高校生が図書館に行って、自由に私語を楽しんでいるということ。

非常にうるさい状態が時折あります。

図書館の職員にも頼みますが、なかなかうまくいきません。

イヤープレーン 3個セット





で、今日も、例によって図書館で勉強をしていたのですが、
やはり中学3年か高校1年の連中がやってきて、図書館を我が物顔!
好き放題騒いだり、飲み食いしたりしているのである。
誰も注意しない。
職員も。

私は我慢していた。
・・・・
怒るなんて大人気ない。

・・・・
相手は他人だし。
・・・・

しかし、相手の騒ぐ声の大きさ、遠慮のなさから、がまんができなくなってきた。
だめだ、怒ろう。

おいっ!、 うるさいんだけど・・・・・。

非常に短く、単純で、分かりやすい。
太く、低い声で、ゆっくりと。
やさしさの無いその声に、中高校生たちは、だまって学習しはじめる。

その子たちだけではなく、一瞬、図書館中が静まり返ったような静けさになった。
他の図書館の客たちもびっくりしていたようだった。

いずれにしても、私の考えはこうだ。

たとえ他人であっても、社会のルールやモラルを守らない場合には、注意しなければいけないということ。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント