fc2ブログ

サーティファイの試験。手ごたえあり。/WWW::Mehanizeの不具合

certify130
昨日はサーティファイのプログラミング能力認定試験を受けに三田の笹川記念会館に行ってきました。
Javaの2級とC言語の3級を受けてきました。
Javaはさすがに2級というだけあって、勉強しがいのある試験でした。
普段プログラムを組んでいても、だいたい自分の使うメソッドとかクラスとかって決まってるので、それ以外のことに関しては門外漢だったりします。
ENUMやジェネリクスなんかについては、実際には使ったことはありません。
最後の選択問題は1つめがサーブレット、2つめがアプレットでした。
これも、自分はアプレットで基本ソースを書いているので、アプレットで受けました。

C言語の3級は、かなりプログラム全般の基本的なことについて聞かれていたような感じでした。

・・・・・・・・・・・・・・・

どうしても国家資格の情報試験と比較してしまうんだけど、国家資格のほうは、シスアドと基本情報技術者を受験してて、どちらも大学の講舎が満員になるほど混んでいたのを覚えている。
それと比べてしまうと、サーティファイの試験はもっと人気があってもいいのかなとも思いました。

試験としての公平性はあるわけですから。
今回は笹川記念会館で受験しましたが、まあ、会場の部屋の半分程度に人が座ってるんで、結構余裕がありました。で、試験官も親切で、私を席まで案内してくれました。
国家資格ではこうはいきません。
コミコミですから。

よく、サーティファイの試験は簡単だとか言う人がいますが、それは違いますね。
今回Javaの2級を受けてきましたけど、質問される範囲が非常に広いので、普段プログラムしてても、前述の通り自分が使わないメソッドやクラスについての質問もされるので、特に2級以上はプログラム経験と事前の勉強は必須です。
3級であれば基本的なテキストを1冊読んでおけば大丈夫でしょう。

まだ結果は分かりませんが、手ごたえはありました。
恐らく、合格しているでしょう。
test130
笹川さんは、あのモーターボート協会の笹川良一さんですね。
笹川さんについてWIKIってみました。
アメリカのタイム誌に「世界一金持ちのファシスト」と豪語していたそうです。
しかもA級戦犯で巣鴨プリズンに3年間拘留されていたそうです。

私が記憶しているのは、モーターボート協会のCM。
幼いころにTVでやっているのを覚えています。
笹川さんは社会慈善事業にとりくんだ人でもあります。

うわあ、↑↑ホント記憶の片隅をえぐられるような映像だなこりゃ。懐かしすぎる。

test1302
もう、本当、昨日は勉強とテストに明け暮れた一日でした。

あとは合格証が届くのを待つだけです。
資格・検定の合格証は自分へのご褒美みたいなもので、数ヶ月に一度のプレゼントみたいなものです。

テストからテストへ渡り歩いているようなここ数年になっています。
次回は簿記試験、その次はTOEIC、そして、数学検定、韓国語検定、中国語検定と、既にいくつかは受験するものが決まっています。基本情報技術者試験も出来れば今年中に受験したいと思っています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日も早朝というか、ほとんど深夜からPerlを叩いていました。
WWW::Mechanizeの不具合を直すため、他に必要なPerlモジュールを入れ、入れれば、また何が足りないと怒られる。
なので、WWW::Mechanizeを使わないでLWP::UserAgentを使うことにしました。
結局は検索元のHTMLソースが返ってくればいいわけですから。

しかし、もう先は見えてきました。
なんとか数日内にGOOGLEで自動学習する人工無脳が出来そうです。
大きなハードルを一つ越えることになります。
これは大きいです。

#!/usr/bin/perl

use LWP::UserAgent;
use Encode;

my $ua = LWP::UserAgent->new;

#タイムアウトを設定
$ua->timeout(10);

#ユーザエージェントを設定
$ua->agent('Mozilla');

#GET、PUT、POST、DELETE、HEADのいずれかを指定(httpsの場合はhttpsにするだけ)
my $req = HTTP::Request->new(GET => 'http://news.google.co.jp/nwshp?hl=ja&tab=wn');

#リファラーを設定
$req->referer('http://referrer.ksknet.net');

#リクエスト結果を取得
#requestメソッドではリダイレクトも自動的に処理するため、そうしたくない場合はsimple_requestメソッドを使用するとよい。
my $res = $ua->request($req);

#is_successの他にis_redirect、is_errorなどがある(is_redirectを判定する場合、simple_requestメソッドを使用)
if ($res->is_success) {
print encode('cp932', $res->content), "\n";
}

else{
print $res->status_line . "\n";
}

=pod
print $res->header("Content-Type") . "\n";
print $res->status_line . "\n";
print $res->code . "\n";
print $res->header("Server") . "\n";

#SSLの場合以下も取得可能
print $response->header("Client-SSL-Cipher") . "\n";
print $response->header("Client-SSL-Cert-Subject") . "\n";
print $response->header("Client-SSL-Cert-Issuer") . "\n";
print $response->header("If-SSL-Cert-Object") . "\n";
=cut

STARPET メダカの砂 ピンクサンド 5kg S-8915 【きれいに.com】
スポンサーサイト