fc2ブログ

名詞だけを学習する人工無脳(MECAPIとついに直結!)/英語日記

停止中
iframeの設定をONにしていないとBADREQUESTが表示されます。ネットの設定を変えれば話せます。
↑↑またまた来ました。
人工無脳を少しずつ改良しています。

今回は話しかければ名詞に反応して学習します。
名詞だけです。

まだまだ支離滅裂なんですが、こいつがいずれ頭の良い人工無脳のエンジンになってくれることを願ってます。
多分、当分はお○鹿なので付き合ってやってください。

で、今回は↑の人工無脳から直接MECAPIにアクセスすることに成功したんです。
結局、文字化けの問題でHTTPリクエストがただしく届かなかったのが原因でこれまで苦労してきました。

$sentence = Jcode->new( $sentence )->utf8;
の一文を書くことによって、utf8で送信することで解決しました。

現在の課題は、学習してきた名詞をGOOGLEに飛ばして、帰ってきた言葉を連想語として再び学習すること。
これができればさらに賢くなるのですが、なかなか上手くいかないのです。
時間も確保できないのが現状です。

現在、りんご→赤い、スイカ→大きい、桃→りんご
などと、連想語が配置されていますが、これを自動学習で増築していくことができれば、自分で成長してくれる人工無脳ができるのです。
それまであと一歩なんですが。
今日はここまで。
また来週といきたいところなんですが、来週はJavaとC言語のテストがあるので、Perlの方はお休みです。

#####なぜ連想ゲーム?#####

なぜ、人工無脳が連想ゲームをすることにこだわるのか。
それはカンタンです。
人間の思考(内言)が基本、言語による連想ゲームのような形式で行われているからです。
人間は似たようなこと、関連することを連想しながら思考しているのです。
自分自身の思考活動を思い出してみれば分かります。

なので、頭の良い人工無脳を作るためには、頭の良い人工内言を動かす必要があるのです。
人工内言が動的に人工無脳の思考を動かすエンジンとなるのです。
ただ単にテキストファイルにアクセスするのではなく、無脳自身の内的状態を動的に変化させ続けるのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

I was able to meet the landlord at last yesterday. I told the air conditioner of the apartment to have broken. Then, the landlord quickly called the electric appliances store, and decided on the schedule of construction. And, he gave me a small electric heater. Because I had lived in refrigerator like house, I felt that it was warm in the room though the small heater was not too warm.

There is a language exchange today. I go to Kudanshita at 11 o'clock. I want to become fluent the native level of English. It is because of good-looking.

I was able to spend it without benumbing thanks to a warm heater.
In addition, I was able to develop by staying out of the futon on the floor. The chat robot that completed today is a favor of this heater.

I visited a library as usual yesterday. It seemed to be very interesting, the book on Chomsky's linguistics.I was looking for a book that seemed to be interesting.

The chat robot that I am developing now is an artificial internal voice. Artificial internal voice becomes the brain of the chat robot that dynamically acts ,in a word, the engine. If artificial internal voice is used, it is possible to become an artificial intelligence program that studies very actively though the chat robot per se is originally a very static program.
ブラック・M~Lは即納中★【ホットアルファ加圧トップス(カラー・サイズ選択)】メチャ売れ!あの発熱くびれトップスに、今回バスト着圧がついてパワーアップ新登場!【美容と健康なら「らく楽気分」ショップ】
スポンサーサイト