fc2ブログ

昭和の文化の焼き直し??

kokuritukindai2011121
ジャンデュビュッフェ 土星の風景
国立近代美術館にて

・・・・・・・・・・・・・・・・

職場のことを考えただけでも気が滅入ります。
大変な状況にある人をこれでもかというほど潰しにかかるのは、一体なんのためなのでしょうか。

それでも良いのです。
子供や子供の親が良い評価をしてくれれば、同僚が如何に不当な過小評価をしたとしても救われるのです。

だから、そっちの方でとにかく結果を出すのみです。
まあ、あまりに良い評価をもらうと、また、嫌味返しがやってくることもあるんですが。

でも、以前も、「私に替わってから子供が活き活きしてきた。」という意見を頂いた時は、「ああ、やったな」という満足感を得られたし、それが嫌な長老連もなんとかかんとか難癖をつけようとしてくるんだけど、キチンとした評価の後ろ盾があるときは、難癖を言われても耐えることができた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

仕事のことを考えていると気が滅入るのですが、頭の中で堂々巡りをしてしまっています。
他のことを考えたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

まあ、これも遠からず仕事の話なんですけど。
子供の話題についてです。

子供がテレビの話しなんかをしているんですけど、まあ、よくある話で、AKBとか嵐の話しなんです。
で、私はハッキリ言ってそこらへんは全く分からないんです。
嵐は一度くらい見たことがあるかもしれませんが、(なんか、最近では芸能界の主流になってるらしいですが)AKBというものについては、まったく知りません。

民放地上波を観ないと、本当、そういう情報ってのが入ってこなくなります。

人によっては、そういうのを知っておいて話題を共有した方がいいという人もいますし。
また一方では、テレビの芸能バラエティを観ないという硬派な指導者もいます。
私は後者に近いのかもしれませんが、芸能バラエティを観ないということにしているのです。というか、民放地上波をですね。

あの、ザワザワとした騒音のような情報量の多さというか。
しかし、かといって、同じような人が毎回出てきて、同じようなことを毎回繰り返す。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そこで最近思うようになったのです。
どうも、焼き直しのような気がしてならないと。

つまり、
平成の文化、テレビにおける文化というのでしょうか。
私は子供というフィルターを通して聞いているのですが。
どうも最近の文化が昭和の文化の焼き直しのように見えてならないのです。

新たにクリエイトするのではなく、昭和の文化の二番煎じをしているところがここ数年多くなってきているのではないかと感じているのです。

今の子供は知らないけど、その親の世代は知っているアニメやバラエティなどをリバイブして、今流行っている芸能人とコンビにして再び流行らせる。
そんな手法がここ数年見受けられるように思えるのです。

いや、それは以前からあったのかもしれません。
たまたま、ここ数年民放地上波を観なくなったから気づいたのかもしれません。

しかし、昭和の文化の二番煎じというのはあるとは思います。

昭和の文化はそれこそ、かなりクリエイトされたものだった。
テレビというのが登場して、それまで無かった文化が新たに創造された。
ドラマ、アニメ、CM、バラエティ、歌謡・・・

相当のエネルギーを投入されて作られた数々。
昭和のテレビ文化は強いエネルギーを感じられました。

その反面、(数年前まで観ていた)平成のテレビ文化なんですが、目新しい芸人や、テロップ、効果音、昭和の文化の焼き直しといった合理的な手法、裏を返せばそれほど創造的なエネルギーを必要としない手法で作られているような気がします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

地デジ化されますが、恐らくまだまだメディアとしてのテレビの立ち居地は揺るがないでしょう。

しかし、私は今後も民放地上波は観たいとは思いません。
無駄な情報が多すぎるのです。
それを観ているだけで時間が経ってしまうのです。

情報を取捨選択する余地っていうのが少ないですから。

私はインターネットを最大限に利用しています。
それと、NHKのワールドニュース、これは世界各国のニュースが日本語訳されて放送されているものです。
ワールドニュースはよく観ます。

必要な情報というのは、国内情勢、世界情勢、自分の興味の3分野ですから、民放地上波は観なくてもすむのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

久しぶりに英語でまた日記を書きますかね。
明後日のラングエッジ・エクスチェンジに向けて。
日記を書くというのはアウトプットの良い練習になるんです。
自分の考えを整理できますから。

明後日話したいことをそのまま日記として書くのです。
これは非常に良い練習になります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

はよ、週末来い。

土曜日、Perlエディタに向かってひたすらソースを書くぞ。
で、すき家のミニねぎ玉牛丼の汁だく・唐辛子だくを食す。
これぞB級の至福。
そうそう、英語で日記を書こう。
そして、10km程度ジョギングもしないといけないですね。現在は早朝が寒すぎて走れない。

それからJavaの勉強もしないといけません。
明後日は楽しみはラングエッジ・エクスチェンジがあります。

はよ、週末来い。
あと約10時間。
今日は何事も無いように!

【しょうがでホット】ショウガダイエットにおすすめ!生姜の成分がタブレットにたっぷり!生姜ダイエット・生姜紅茶に!【美容と健康なら「らく楽気分」ショップ】

●『生姜湯』しょうが湯・・・・・ 熱いお湯に「しょうがでホット」を2~3粒入れる。
ハチミツや黒糖、砂糖で甘味をつけてお飲みください。
●『生姜紅茶』しょうが紅茶・・・・
熱い紅茶に「しょうがでホット」を2~3粒入れる。
お好みでハチミツや黒糖、砂糖で甘味をつけてお飲みください
●しょうが(生姜)レモネード・
熱いお湯にレモンをしぼり「しょうがでホット」を2~3粒入れる。
ハチミツや黒糖、砂糖で甘味をつけてお飲みください。
●お味噌汁(生姜入り)・・ お味噌汁に「しょうがでホット」を2~3粒入れる。身体が温まる味噌汁のできあがり。
●時間のない方は…
「しょうがでホット」2~3粒を直接水またはぬるま湯でお飲みください。
しょうがサプリとしてもお使いいただけます。
スポンサーサイト