fc2ブログ

ハーフマラソン完走。膝ガクガク/5時間の新年会兼打ち上げ

tanigawamarihalf
昨日は谷川真理ハーフマラソンに出場してきました。
駅が南北線の赤羽岩淵なんですが、自分の家からの所要時間をミスってしまいました。
前にも来たからなどと余裕ぶってゆっくり家を出たら、なんと現地についたのは出走の15分前。

で、第一ウェーブを走った友人の応援をすることもできず、なんとか汗だくになって現地に到着。
第三ウェーブの友人を探すものの、ナイキのブースというのが見つからない。
待ち合わせ場所自体が見つからないのだ。

結局、自分ひとりで走り始める。
大した準備も出来ず、もう出走。
tanigawamarihalf2
見送れなかった第一ウェーブの友人はレースの途中で見つけることにしました。

さあ、出走。
今回のコースは荒川沿いのコースで、前回の赤羽ハーフマラソンのコースと全く同じコース。
最初はとにかくコミコミで全然前に進めない。

最初の2~3kmあたりまではずっとコミコミ。
あまり前に進めない。
5kmぐらいからちょっとずつ自己主張をし始めて、他の連を追い越し始める。

明らかに息が普段よりも上がっている。
つまり、練習のときよりも速く走っているのが自分でも分かる。
大会モードになっている。

荒川沿いにはいくつもの野球練習場があり、地元の少年野球団が練習をしている。
子供たちが沿道沿いで応援している。
手を出してタッチを求めている10人ほどにハンドタッチ。

今回の谷川真理ハーフマラソンでは途中途中に給水所が設けられている。
そこらへんは去年の赤羽ハーフなんかよりはよくやっていると思った。
tangawamarihalf4
今回のRUNの自分の中での目標、それは
1、歩かないで走りきること
2、2時間を切ること

以前の赤羽ハーフでは途中でくたびれて歩いてしまった。
それで残念ながら2時間を少し過ぎてしまった。
今回は歩かない。何があっても走り続ける。それが目標だ。

さて、8km地点、そろそろ第一ウェーブの最先端が道の反対を走り始めて来た。
トップランナーがもの凄い速さで走り去っていく。

第一ウェーブの私の友人はハーフを1時間30分台で走る強者なので、そろそろ来るころだろうと思って右側を見ながら走っていた。
来ました来ました。
私は大声で友人を呼びましたよ。気づいてくれました。

さあ、ハーフマラソンでキツくなるのが、後半の10km。
前半の10kmは結構とばせるのです。
しかし、10kmを越えたあたりから、身体的な仕様が物を言うのです。

体力が消耗し始めます。
息が上がってきます。
そしてなによりも膝ガク足ガクがやってきます。
こればっかりはどうしようもないんです。

14kmを過ぎたあたりからはヒイハア言いながら走っていました。
このあたりから、次の1kmまでの距離が長くなってくる。
(あれ?1kmってこんなに長かったか?)

16km、スピードダウン。
抜かされる人数が増えていく。
前を向いて走っていられない。
空を向く。
まるで自分の気管が空に直結したように肺に酸素を流し込む。
上を向いて走り続ける。

こんなに走っているのに、これでやっと1km?
その失望感を避けるために道を見ず空だけを見て走る。
空気を自動的に肺に流し込む。

自分との戦い。この表現は正しい。
距離や相手と戦うのではない。
自分の(歩きたい)という欲求と戦う。
また、今の走り続ける精神的なコンディションを保つために自分を維持する、自分との戦いだ。

18kmを過ぎる。
足が上がらない。
まるで足がひよこの足になってしまったかのようにチョコチョコとしか動かない。
足が痛い。
自分の肉体の仕様を越えて酷使している。

体力はまだ残っている。
でも苦しい。

20km。
時計を見る。
なんとか2時間を切ることが出来そうだ。
もっと速く走りたい。
間に合いたい。
ハアハアという息と変わって、嗚咽のような声が出てくる。
残る体力を全て振り絞って2時間を切るための全力走をする。
最後の道が長い。
こんな長いはずじゃなかったのに。
もう少し。
もう少し。
時計を見る。
12:13・・・・・・あと2分、
もう少し、ゴールは見える。(普段だったら猛ダッシュして行けるのに・・・)
ヒョコヒョコ足でたどり着く
12:14・・・・間に合ってくれ。
・・・・・
ゴール!!
12:14(10:15出発)
や、やったあ、2時間切れた!
1時間59分。
tanigawamarihalf3
今回の大会に出場して課題が見えてきました。
心肺機能でもスタミナでもありません。
今回のRUNで足を引っぱったのは文字通り足でした。

16km過ぎた頃からの膝ガク足ガクをなんとかしたいです。
これが無くならないといつまでも今のレベルから上に行くことができません。

体力も心肺機能ももっとあるのに、その能力を出し切れないのです。
だから足の機能が私の足を引っぱらないように足を鍛えないといけないのです。

16km普段通りゆっくり走っていてもダメなんでしょう。
本番と同じコンディションで(速度も速く)走らないとトレーニングになりません。

現在、年に1回程度しかハーフマラソンを走ってないのですが、これをもっと回数を増やさないといけないかもしれません。
大会慣れするということです。

大会が終わって足がガクガクです。
かなり疲労しています。
参加賞のTシャツを着ました。

仲間とも合流です。
プロマネの友人が1時間35分、警備会社の友人が2時間2分、私が1時間59分でした。
会場はまるでお祭りのよう。


tanigawamarihalf6

屋台などもたくさん出ていて、お祭りのような雰囲気。
屋台はお腹の空いたランナーたちで長蛇の列。
自分はタコライスを注文。「世界一辛いソース」をかけていただきました。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

明日から超多忙の仕事が始まります。
仕方ないですね。
こればっかりは。
実家にも帰ってません。
実家に帰ったらもう今日が終わってしまいます。
Java2級の勉強も中途半端です。
本当だったらまだ勉強しなければいけないのですが・・・。
仕事の準備も・・・。

実家への帰郷は、来月に持ち越しするか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨晩は新宿の花の舞で5時間も飲みました。
新年会兼マラソンの打ち上げ。
ずいぶん飲んだな~。
それにしても疲れた。

しかたない、今日は朝のRUNは無し。
ピアノの練習をして、仕事の資料やJavaの参考書を持って図書館に行きます。
冬季休業の総括です。

【脳内運動】Blue Magic(ブルーマジック)【MAX STORE】

【2個以上で送料無料】Newプリティア/プーアル茶・キトサン含有食品 【アメリカヤ2号館】

スポンサーサイト