fc2ブログ

1万ドンと間違えて10万ドン払ってしまった(涙

GOKUHのベトナム旅行記№1

GOKUHのベトナム旅行記№2

GOKUHのベトナム旅行記№3

GOKUHのベトナム旅行記№4

GOKUHのベトナム旅行記№5

↑↑↑GOKUHのベトナム旅行記の過去のエントリーです。どうぞ見てください。

さて、PHO2000で微妙な美味しさの昼食を堪能して、われわれはベンタイン市場から北東に5分ほど歩いたところにあるドンコイ通りに行きます。ドンコイ通りはショッピング街で日本人向けのおみやげやブランド物もよく売っています。

donkoi


donkoi


donkoi


PHO2000からドンコイ通りに向う途中でしきりに私に話し掛けてくる女の子。
見ると一生懸命みやげ物を売ろうとしている。
本人は扇子をだして「12,000ドン」だという、日本円で100円程度か・・・かわいそうだから買ってやろうか、とお金を出そうとしたところ、間違えて10,000ドン札ではなく100,000ドン(約700円)を出してしまう。

donkoi


一瞬気づかなかった。

なぜなら、

千ドン札と一万ドン札のデザインが似てるからだ!

どちらもうす緑色で大きさも似ている。
これは絶対に間違える!日本人に「間違えてたくさん払ってくださーーい」って言っているようなものだ!!

わたしは、12,000ドンではなく、102,000ドンを渡してしまった。その少女↑↑↑もちゃっかりしたもので、わたしの渡したお金をすぐにポケットにしまってしまう。

ちっくしょーー!!(小梅大夫風)

fan


これがその扇子です。確かに日本円で700円の価値だって言われればそういうふうにも見えるけど・・・、ベトナムだったらもっと安く買えるよねーー。

いやぁぁ、勉強になりました。ホーチミンには郊外から来たストリートチルドレンが多いって聞いたんだけど、子どもを働かせてる大人にお金をやるよりは、キチンと公教育に通わせた方がいいって。そうだよね。。。この子にお金をあげたって根本的な問題は解決しないのだ。


しかし、さらに驚いたのは、この子の扇子を買った途端どこからともなく10人近くの物売りがやってきて、これも買えだの、あれも買えだのとつきまとってくる!!

さすがにこれにはまいりました
スポンサーサイト



PHO2000 ベトナム版ファミレス?

GOKUHのベトナム旅行記№1

GOKUHのベトナム旅行記№2

GOKUHのベトナム旅行記№3

GOKUHのベトナム旅行記№4

GOKUHのベトナム旅行記№5

↑↑↑GOKUHのベトナム旅行記の過去のエントリーです。どうぞ見てください。

pho2000


さて、ベンタイン市場近くのPHO2000で昼食、3人は合流しましたが、やはり全員昨日のバイオアタックでグロッキーになっています。

他の2人はかなり酷かったんですが、わたしは少し潜伏期間が長かったようで、まだちょっとダルいのと下痢がある程度でした。

pho2000


なぜ、PHO2000を選んだかというと、NOVAの先生が「PHO2000がおいしい」と推薦したからです。

わたしが、「なんで2000なんですか?」と聞くと、

クリントン大統領が2000年に訪れたから

という、いやはや訳のわからない理由が返ってきました。

pho2000

でも、

本当なんです!

クリントン大統領が2000年に来たから店の名前をPHO2000にするなんて、

ベトナム人のセンス恐るべし

↑上の写真がその写真です。光が反射して見にくいですが、クリントン元大統領が写っています。

pho2000


で、なにをたのんだかというと、わたしはビーフシチューフォーというものをたのみました。
その名の通りビーフシチューに入ったフォーです。

pho2000

味は、、

微妙~~

なんか、麺がシチューの中でのびてるしーーー。

pho2000


NOVAの先生にはまずかったとは言いませんが、「PHO2000に行ったよーー」っていう証拠の写真を撮るために店員に撮ってもらいました。

バイオ攻撃のさなかSHIN OFFICEⅡ近くのそば屋で朝食

GOKUHのベトナム旅行記№1

GOKUHのベトナム旅行記№2

GOKUHのベトナム旅行記№3

GOKUHのベトナム旅行記№4

↑↑↑GOKUHのベトナム旅行記の過去のエントリーです。どうぞ見てください。



foe


さて、前日メコン川でボスキャラの

サルモネラ菌

バイオ攻撃

1500ダメージをくらって、回復の泉を探している主人公のGOKUHはとりあえず消耗したHPを回復させるため朝食をとることにする。

いや、、バイオというよりはポイズンだったかもしれない、、、常に体力が減り続ける・・・・・

foe


フォーではないです、フォーは既に何回もベトナムで食べているので中華面を頼みました。

しかしながら、値段の交渉やメニューのオーダーなど現地の人はベトナム語しか話せない人がほとんどなので苦労します。

HOW MUCH IS THIS?

傲慢にも英語で質問を続けるGOKUH。

わかんな~~い

といった表情を続ける店主。

それでも頑固に英語で質問を続けるGOKUH・・・。

店主は娘らしい人を呼びに外に出て行ってしまった。

そして、帰ってきたのが高校生くらいの女の子。
この子は英語が通じるようだった。

この子は私に、黄色い麺(中華麺)と白い麺(フォー)があるがどちらがいいかと聞いてきた。そこで私は中華麺をたのんだということである。

vietnam


お金を払うというときになってその女の子に値段を聞いた。

(日本円で)約200円だという。

安いとお思いだろうか?
とんでもない!
現地の小さな食堂で200円は高いと思った。
ラーメン1杯だと100円から150円くらい、いやもっと安く食べられるはずである。

・・・・・でもさっきの女の子は行ってしまった・・・・・

vietnam


ちょっと多めにとられたな・・・

でもこういうことはよくあるんです。
なにせ、わたしたちは日本人ですから、彼らも一瞬で日本人とそれ以外のアジア人を見抜きますからね・・・。

vietnam


その店の周囲の風景です。場所はPHO DUC CHINH通りからベンタイン市場に抜けるあたりです。

なぜ今日は朝食が一人かというと、、一人は前日のサルモネラ菌のバイオアタックで倒れているのと、もう一人は(かれもバイオアタックの症状がでているのだが、)現地のJICAに見学に行っているのだ。
彼は現地のJICAの見学先(障害者施設)では症状を抑えるのに大変だったようである。

メコン川から帰って夕食時にサルモネラ発症!

restaurant

↑このレストランでは料理の準備の様子が見られます。
レストランの名前はQUAN AN NGONです。

さて、メコン川ツアーから帰ってきて夕食です。

場所は、Quan An Ngon というレストラン、住所は138 Nam Ky Khoi Nghiaというところです。
とても人気のあるレストランでいつもこんでいます。
とくに外国人の客に人気があります。

shrinp


soringroll


生春巻きです。

わたしたちがオーダーしたのは、、、
Hoi An Spring rolls
Chilled Shrimps & Roll-pcs
Imperial style sweet lotus
Steamed shrimps in Coconut
Fried chicken w orange sauce
Rice in Coconut Hoi An Style

スプリングロールは、つまり春巻き、シュリンプはエビです。
どれも非常においしかったですねぇ

restauant


ところでここで、一緒に先ほどメコン川ツアーに参加した一人が不調を訴え始めました。

来た、来ました。

さっきのメコン川のフルーツにあたったんです。

この後、次々とメコン川にいった面々は腹痛を訴えはじめます。


さて、この翌日が大変でした。

水状の排泄物が次から次へとでてくる。
37℃程度の微熱とだるさ・・・・。


メコン川に行った3人はみごと全員、下痢、腹痛、だるさ、微熱といった体調不良に襲われました。


他に原因は無いかと疑うと、他には無いのです。3人同時期に全く同じもの、しかも感染の可能性が高いもの(生もの)を食べたのはメコン川クルーズのくだものしか無いんですから・・・・。

そうです、

メコン川のくだものは絶対に食べないことをすすめます


後からネットで調べました。
・・・・・水状の下痢、微熱、キリキリ痛む腹痛、倦怠感、それと約5時間~10時間の潜伏期間・・・・・・

ありました、

まさにぴったりのが、、

サルモネラ菌でした。


われわれはメコン川のサルモネラ菌にやられたのです




バイオ!!



1500ダメージをうけた!


(注)食中毒はこのレストランとは無関係です。

馬車に揺られて ~メコン川ツアー~

hanmock


この蜂蜜農家から次の休憩所(ドリアンやパイナップルなどがでる)まで馬車で移動します。

uma


この馬車で移動します。

uma


uma


馬車の上はかなり揺れます。
道路がキチンと舗装されていないのも理由の一つです。

uma


馬車にゆられていくのもなかなか楽しいかも・・・・・。