fc2ブログ

メコン川沿いの島に上陸!

GOKUHのベトナム旅行記№1

GOKUHのベトナム旅行記№2

GOKUHのベトナム旅行記№3

↑↑↑GOKUHのベトナム旅行記の過去のエントリーです。どうぞ見てください。


meconisland


さて30分ほどボートに乗っていると島が見えて来ました。

island


ボートはこの島の桟橋に横付けして我々は上陸します。

island


ディズニーランドやサマーランドよりもリアルな本物です。

island


本物のジャングルの奥に小さな小屋があります。

island


island


とりあえず、ここで休憩・・・・。
この場所は何かというと、、、

island


お米の粉でつくったクラッカーのようなものを焼いています。

island


これがそのお米の粉で作ったクラッカーです。サンプルを食べさせてもらえますが、約50円払えば1袋売ってもらえます。ほんのりと甘くておいしいです。

island


これは、そのお米をすりつぶすための機械です。

スポンサーサイト



メコン川で明らかに転覆しそうな船

GOKUHのベトナム旅行記№1

GOKUHのベトナム旅行記№2

GOKUHのベトナム旅行記№3

↑↑↑GOKUHのベトナム旅行記の過去のエントリーです。どうぞ見てください。

mecon


それでは、メコン川の旅をご覧下さい。

colourful


こんなカラフルな船があったり・・・。

bignsmallboat


小さな船が大きな船を追い越していったり・・・。

tenpikufune1


先ほど、隣にあった船ですが・・・・。

tenpukufune2


明らかに転覆しそうなほど傾いています・・・・・

tenpukufune3


しかも、後から出発したわたしたちに追い越され・・・・・。

ベトナム旅行最大のイベント ☆メコン川クルーズ☆

mecon


ついにベトナム旅行の一大イベント「メコン川クルーズ」がはじまります。

ホーチミンに全日程過ごすのもよかったんですが、どうせだったらということで、1日かけてメコン川まで行くことにしました。(ちなみにカンボジアのアンコールワットに行くというプランもありました。その場合、前もって数日前にビザをとるのと、航空券を確保する必要があります。今回はそれらの手間を考えて、メコン川クルーズに参加しました。)

ちなみに、ホーチミンからメコン川クルーズに参加する場合は、現地のツアーサービスオフィスのSHIN CAFE(シンカフェ)で前日に予約する必要があります。一人700円くらいです。メコン川クルーズの日程は朝から出発して8時間程度です。


-----SHIN CAFE-----
SHIN OFFICE1
246 De Tham St.,Dist.1 HoChiMinh
TEL 8367338
SHIN OFFICE2
24-26Pho Duc Chinh St.,Dist.1 HoChiMinh
TEL 8222892


mecon


これがメコン川です。この時点でまず驚くのが、臭いです。

どういうわけか、し尿を大量に積んだ船が側にあります。

・・・ここは我慢のしどころです・・・・・

mecon


さて船に乗ります。

ship


この船は隣にあった船です。わたしたちが乗る船はもう少しきれいです。

mecon


これが船の中。この船の中で約1時間過ごします。近くの島に行くためです。その島に様々なイベントが用意されているということです。


メコン川クルーズはとにかく移動時間が長いので、辛抱強い方にオススメです。行きのバスで2時間、(ホーチミン市からミト-まで)現地で船に乗って2時間、帰りのバスで2時間です。全行程の大半が移動時間だということを覚悟しておいた方がいいです。

ベトナムでレストランの店員と2ショット

GOKUHのベトナム旅行記№1

GOKUHのベトナム旅行記№2

GOKUHのベトナム旅行記№3

↑↑↑GOKUHのベトナム旅行記の過去のエントリーです。どうぞ見てください。


restaurant


↑とても気さくで親切な店員。
現地の高級レストランですが、店の名前がわかったらまた書きます。
日本人街の近くです。

ryouri


上の料理はエビのココナツミルク蒸し。おいしいです。
他にオススメは、フライドチキンのオレンジソースあえ、生春巻きなどです。

retaurant


食事の途中で胡弓の演奏が始まります。
曲はお客さんの好みに合わせて選択されるようで、私たちが日本人だったので、『花』(なきなーさーいー♪ わらいーなさーいー♪)が演奏されていました。(別にリクエストはしなくても、その国の有名な歌(ナツメロ)が演奏されるみたいです。)

地獄のバイク軍団を越えてビンタイ市場へ・・・・

GOKUHのベトナム旅行記№1

GOKUHのベトナム旅行記№2

↑↑↑GOKUHのベトナム旅行記の過去のエントリーです。どうぞ見てください。


bintai


ビンタイ市場にとうとう着きました。

大量のバイクにぶつからず到着したのは奇跡です。

さて、かなりの雑踏で、明らかに日本人である私たちはスリに注意しなければなりません。カメラはしまいましょう。

ということなので、ビンタイ市場の写真は少ないのです。

inu


平和なのは犬くらいでしょうか。・・・・いや、狂犬病もってるかも、犬好きの方も戯れたりしない方がいいかもです。

ビンタイ市場はベンタイン市場とは違って、商店主を対象とした問屋が中心です。
なので、単品では売ってくれない場合もあるそうです。つまりケース売りってことです。

実際、治安の問題でこれ以上奥へ進めそうになかったので、これで引き返します。


ここでは何も買いませんでしたが、近くの商店でビールを1ケース買いました。店員が(30歳くらいの男性)、

ドラゴンボールのべジータのTシャツを着ていたのが印象的でした。

なぜ、べジータ??!!